フィリピン・セブ島在住のママライター「しゃんママ」が、自由で豊かな暮らしのための情報を発信。在宅ワーク・海外生活・子育て・旅行・フィリピン情報などをお届けします!

【2019年最新版】カティクラン空港からボラカイ島への行き方

アジアのベストビーチ、ボラカイ島

私はボラカイ島が大好きで10回以上訪れていますが、今回約3年ぶりに行ってみて島がとてもきれいに整備されており、空港からボラカイ島行きのフェリーもとってもスムーズで感動しました!

しゃんママ
この記事では、これからボラカイ島へ行く方のために、空港から島までの行き方を詳しくまとめています。

 

フェリーやトライシクルなどなにかと移動が多いですが、初めてでも意外と簡単に行くことができますので、旅行前の参考になれば嬉しいです!

ボラカイ島に行くための空港は2つある

ボラカイ島自体には空港はなく、隣のパナイ島にある以下2つの空港からボートで移動する必要があります。

・カティクラン空港

・カリボ空港

 

カティクラン空港は小さな空港で便数も少なめですが、ボラカイ島まで最短の約1時間で行くことができます。ボラカイ島行きのフェリーターミナルのすぐ近くにあります。

一方でカリボ空港はカティクラン空港から車で約2時間離れた場所にあり、空港に到着したらまずバスに乗る必要があります。しかし、国際空港なので便数が多く飛行機がキャンセルすることが少ないので安心です。

迷ったらカティクラン空港がおすすめ

私はどちらの空港も利用したことがありますが、個人的にはカティクラン空港をおすすめします。

日本からボラカイ島まで行くにはマニラやセブ島で乗り継ぎをしなければならないので、できるだけ到着後の移動は短くしたいですよね。

カティクラン空港ならボラカイ島まで最短で行けるので、ホテルでリラックスしたり現地で楽しむ時間が増えます

 

また、カティクラン空港は小さい空港なので天候によるキャンセルが多いと言われていますが、10回ほど行っていて1度もキャンセルになったことはありません。

カリボ空港からはバスで約2時間とはいっても、交通状況や何らかの行き違いによってそれ以上かかることも。

しゃんママ
私はそのせいで帰りの飛行機に間に合わず、乗れなかったこともあります……。

 

なので、もしどちらの空港にするか迷っているならばカティクラン空港を選びましょう!

カティクラン空港からボラカイ島への行き方

というわけで、ここでは私のおすすめするカティクラン空港からボラカイ島への移動方法をご紹介します!

STEP1 空港に到着したらトライシクルでフェリーターミナルへ

カティクラン空港からボラカイ島行きのフェリーターミナルまでは約10分。空港の到着口ではいろいろな旅行会社の呼び込みがありますが、ここはとりあえず無視。近いのでトライシクルでの移動で全然大丈夫です!

空港の出口左手から真っ直ぐ歩いて行くと、トライシクル乗り場の看板があるので、それに沿って進むとすぐに乗り場が見えます。

料金は1台100ペソの前払い。3〜4人なら同時に1台に乗れます。

しゃんママ
道はかなりガタガタで揺れますが、島の雰囲気が味わえてけっこう楽しいです!

約10分でフェリーターミナルへ到着です。

STEP2 フェリーに乗り約10分でボラカイ島に到着

フェリーターミナルに着いたら、中に入る前にまずチケットの購入とEnvironmental Fee(環境税)Terminal Fee(ターミナル利用料)を入口左手にある窓口で支払います。

しゃんママ
空港でフェリーまでの移動、チケット代、環境税などが全て含まれたパッケージを買うこともできますよ。ぼったくりの心配はまずないです!

フェリーチケット: 75ペソ

Environmental Fee(環境税): 75ペソ

Terminal Fee(ターミナル使用料):100ペソ

ターミナルの中に入ったら、荷物検査宿泊情報などの書類を提出してフェリーを待ちます。

ちなみにフェリー以外にバンカーボート(30ペソ)でも行くことができるのですが、45ペソしか変わらないので、個人的にはエアコンが付いていて安全なフェリーの方がおすすめです。

しゃんママ
スリルを味わいたい方はバンカーボートをぜひ。

スタッフの指示に従ってフェリーに乗り、約10分でボラカイ島のカグバン港に到着です。

STEP3 トライシクル、E-Trikeでホテルへ

カグバン港からボラカイ島の中心部までは少し距離があるので、またトライシクルE-Trikeという電動バイクで移動する必要があります。

料金は行先によって若干変わりますが、だいたい100ペソ〜200ペソ。料金を抑えたい場合は他の乗客とのシェアも可能です。

ホテルの名前を言えばほとんどの場合OKですが、まれにドライバーがわからないこともあるので、その時はステーション1、2、3などホテルのある地域を伝えましょう。

また、メインロードであればそのままホテルの目の前で降ろしてもらえるのですが、ビーチフロントのホテルだとビーチの中まではトライシクルが入ることができないので、途中からは徒歩で行く必要があります。

事前にホテルの場所はしっかり確認しておきましょう!

宿泊するホテルでボートと車を手配してもらうことも可能

上記で紹介したように、個人でも簡単にボラカイ島まで行くことはできるのですが、それでも

「ボラカイ島に行くのが初めてで不安」

「予算は気にしないからラクに移動したい」

という方は、宿泊するホテルに手配してもらうという手もあります。

大きなホテルであれば専用のボートを用意してくれるところもあるので、待ち時間が少なくスムーズに移動できるでしょう。

もちろん個人での移動に比べると費用はかかりますが、利用したい場合はホテルや旅行会社に問い合わせてみてください。

【まとめ】カティクラン空港からボラカイ島への行き方

個人でボラカイ島へ旅行に行くという方のために、カティクラン空港からボラカイ島への行き方をご紹介しました。

「英語が話せないと難しそう……」と思うかもしれませんが、意外と簡単に行くことができます!

他にも旅行者はたくさんいるので、それほど迷うことはないと思いますし、ボラカイの人はとっても親切なので、聞けば優しく教えてくれますよ。

ボラカイ島旅行、楽しんでくださいね!

合わせて読みたい

アジアのベストビーチにも選ばれ、世界中から観光客が訪れるフィリピンのボラカイ島。 日本人にはまだそれほど馴染みがない島ですが、美しいビーチや感動的なサンセット、フォトジェニックなお店など、1度体験したら忘れられない素晴らしい景色やスポ[…]

\ボラカイ島のホテルをお探しならトリバゴ/

この記事がいいな!と思ったらフォローどうぞ!